キャッシングの限度額は上げることができる?

キャッシングの限度額とは、キャッシングで借り入れできる金額の最高額、のことです。限度額は、利用者ごとに金額が異なってきます。収入だけで決められるものではありません。ですので、収入が多ければ限度額が自動的に高くなる、というわけではないのです。キャッシング会社が利用したい人を審査し、最高○○円まで貸せると判断したうえで決まります。利用者の返済能力のほかに、お金を借り入れすることに、どのように対応してきたかが判断対象になります。例えば、今までキャッシングの利用をきちんとしてきたのか、クレジットカード・携帯電話の割賦金をしっかり払ってきたのか、などです。利用者が、お金の借り入れにしっかりと対応できるかで金額は大きく異なってきます。

 

ですので、他社から借り入れした分を返済していない人に、高額の限度額がつくことはありません。また、初めてキャッシングを利用する人に、最初から高額の限度額を付与する会社もあまりありません。しかし、限度額は一度設定されたらずっと変わらないものではありません。キャッシング会社とキャッシング利用者との間で、信頼が築かれることで限度額が引き上げられることが多くあります。追加融資、という形で限度額が引き上げられるのです。キャッシング会社が利用者の限度額を決めるために利用する情報は、いくつかあります。

 

限度額申請の注意点

最大限の限度額を得たい場合にも、どんな情報が照会されるのか知っておくと役に立ちます。以下のポイントに注意すると、円滑に限度額の申請ができます。まずは、利用者の勤務先の情報です。収入はどれ位なのか、きちんとその会社で働いているのか確認します。必ず在籍確認を取ります。利用者の保険の加入状況についても確認します。国民健康保険なのか、社会保険なのか確認します。必ず収入口があると判断できるため、社会保険のほうが優遇されることが多くあります。申請した住居が、正しい情報であることも重要です。申請した場所に在籍していない、偽装している、となればキャッシング会社の信頼を得ることはできません。

 

借入目的は、大きく利用したい目的を表記するのが一番です。しかし、ギャンブルに使いたい、など明らかに借入目的から大きく逸れているような理由は、良くありません。キャッシング会社に対して、しっかりと返す意思が見えることが大切です。キャッシング会社が、初めての利用者に最大限の限度額を付与することはありませんが、初めてキャッシングを利用する場合でも、自分の最大限の限度額を借りたいと思うのではないでしょうか。しかし、おおかた変更や修正ができる内容はありません。ですので、自分の身の丈に合った限度額でキャッシングを利用しよう、というのがこのごろの状況になっています。

カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日