キャッシングを利用することが出来る人とは?

キャッシングの審査で最も重要となるのは、返済能力の有無です。これがなければ審査に通過することはほぼ不可能となり、お金を借りられる術が途絶えてしまいます。返済能力と直結する要素となるのは、キャッシングを利用する本人の収入です。本人に収入があれば少なくとも返済能力を有していると判断される為、勤務形態に関わらず、安定的な収入があることが重要となります。

 

正社員でなくてもパートやアルバイトで収入を得ている人なら、キャッシングの利用が可能というわけなのです。さて、ここで問題となるのが専業主婦の方です。専業主婦は家庭内の家事雑務に専念しており、労働による収入を得ていません。その為専業主婦本人は返済能力を持たないと判断され、一般的なキャッシング商品の利用は不可能となってしまいます。

 

 

専業主婦でもお金を借りる方法は?

キャッシング商品を提供して消費者への融資を行っている金融機関は、消費者金融や銀行などが挙げられます。このうち、消費者金融で専業主婦がキャッシングを行える可能性は皆無に近いと考えてください。消費者金融には総量規制という制限が課せられている為、無収入の専業主婦に対して融資を行うことは非常に困難だからです。

 

これに対し、銀行のキャッシング商品は総量規制によって制限されていません。その為、無収入の専業主婦でも借り入れが可能な場合があります。専業主婦が銀行のキャッシングを利用する場合、世帯での収入が審査の対象となります。その為配偶者にきちんと安定収入があれば、案外スムーズにお金が借りられるケースも少なくありません。しかし全ての銀行で専業主婦の利用を認めているわけではないので、事前に各銀行のキャッシング商品の利用条件を調べておくようにしましょう。

 

  • キャッシングの利用には返済能力が不可欠
  • 専業主婦には収入がないので、返済能力も認められない可能性が高い
  • 銀行カードローンなら専業主婦でも利用できる場合がある

 

専業主婦がキャッシングを利用するなら

専業主婦がお金を借りる場合、基本的に消費者金融の利用は不可能であると考えておいた方が良いでしょう。しかし、キャッシング会社によっては配偶者の同意書を提出すれば専業主婦への融資が可能になる場合もあります。この場合は併せて配偶者の収入証明書を提出しなければならない決まりになっていることが多いので、配偶者の協力は不可欠となります。

 

専業主婦がお金に困ってキャッシングを利用する時は、どうしても配偶者に内緒にしておきたい気持ちになってしまうことが多いものです。しかし後々のことを考慮するなら、どうしてもお金に困っている時はきちんと配偶者に相談をし、夫婦で支え合って乗り越えることが大切です。

カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日