自営業の方はビジネスローン!

事業をしている人が融資を受ける場合、キャッシングよりビジネスローンの方がお勧めです。個人の場合はキャッシングのフリーローンが一番だと思いますが、貸金業法上の総量規制というものがあります。これは年収の1/3を超える融資は受けられないという規定です。例えば年収500万円の人であれば、500万円の1/3の約166万円までの融資しか受けられないことになります。

 

この例の場合、キャッシングでは120万程度が限度額だと設定されることが多いです。これでは事業の資金としては些か不安であるのと同時に、いざとなった時に追加融資として受けられる額も120万円の上限の中の残りの金額だけになってしまいます。自営業の人が個人的に契約をした場合、このような規制が掛かってしまいますが、消費者金融ではそのような人の為に、個人向けのフリーローンは別に「ビジネスローン」というキャッシング商品を用意しています。事業をしている人にはこちらの方がお勧めです。

 

ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは、個人事業主の人や中小企業の経営者を対象にしています。個人経営や小さい規模で事業を行っている人、またこれから事業を興そうと考えている人は、通常は銀行からの融資を受けることをまず初めに検討すると思います。ですが、銀行の融資は申し込みから実際に融資が下りるまでに時間が掛かることも多く、また消費者金と比べ、審査が厳しい場合が多いです。審査に長い時間が掛かった挙句、最終的に下りない場合もよくあります。俗にいう貸し渋りです。色々な銀行に融資をお願いしても、全部断られてしまうことも珍しくありません。そのような場合にお勧めなのが、消費者金融のビジネスローンです。

 

ビジネスローンは申し込んだ即日に融資が下りることもありますし、審査は長くとも5日以内の業者がほとんどです。このように申し込みから短期間で融資が決定しますので、小さい規模で事業を行っている人にとってはとても頼りになる存在だと言えます。更に、このビジネスローンは個人を対象とした商品ではありませんので、貸金業法上の総量規制の対象外になります。自分の年収とは関係なく、消費者金融側が認めた額までの融資を受けることができます。年収が500万円の人が300万円の融資を希望することも、もちろん可能です。もっと高額の融資が下りることもあります。個人で事業をしている人にとって生命線とも言えるのが、資金繰りです。その資金繰りに大変有用なのがこのビジネスローンだと言えると思います。

 

各イベント専門のローンもある!

消費者金融ではビジネスローンだけでなく、就職、結婚、出産、車の購入といった各ライフイベントのほとんどの場合に合わせた各種の専用ローンが用意しています。個人契約のフリーローンと比べ、ほとんどの場合金利が安く設定されています。上記のようなイベントで使うと利用目的が決まっている融資を受ける場合、こういった専用のローンを利用することが最良の選択だと言えます。

 

総括

消費者金融より融資を受ける場合、まずキャッシングのフリーローンを考えてしまうかも知れませんが、専門のローンというものも用意されています。ビジネスローンを初め、結婚の際にはブライダルローン、車の購入の際にはカーローンなどです。利用目的が決まっている場合、これらの専門のローンを組んだ方が限度額や金利の面で有利になる場合がほとんどです。フリーローンだけに拘らず、様々なキャッシング方法を検討してみることが大切です。

カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日